顔イボにオロナインの効果や効能

オロナインを解説する女医

顔イボを自分で取りたい人が使う薬でオロナインがあります。

 

厳密に言うとオロナインの使用用途に記載がされている訳ではありませんが、皮膚病というとこで使ったりすることがあります。
でも本当にオロナインで顔イボを取る効果があるのか・・・?

 

このように考える人も多いです。

 

こういった背景の中には顔イボにオロナインを使ってみたものの、効果を実感することができなかった。
購入して使ってみようか考えている。

 

などの考えたらこのサイトにたどりついたかと思います。

 

この記事では顔イボにオロナインで効果があるのかについて詳しく解説していきます。これからオロナインを使おうと考えていたり、効き目を実感することができていない人はご覧ください。

 

オロナインの効果はニキビや吹き出物!顔イボも含まれる?

 

この世に全ての症状に効く万能薬なんてものはありませんが、オロナインをそれと考えている人は多いです。
それもそのはずで、オロナインの効果は多種多様にわたります。

 

多くの人が悩むニキビや吹出物をはじめ、やけどや、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫など色々な皮膚の病気に使うことが薬です。
そのため、皮膚病の際にはオロナインを使うって家庭も多いです。

 

ただ、効果・効能のところにはイボについての記載はされていません。

 

オロナインの顔イボへの効果!軟膏で顔イボは取れる?

 

結論から言うとオロナインには顔イボを治療する効果はありません。
それは効果への説明分に書かれていないなどの安易な物ではなく、顔のイボの原因を理解すれば分かることです。

 

顔のイボとして多いのが老人性イボや脂漏性角化症と呼ばれるものです。

 

原因としては紫外線によるダメージや肌力の低下による角質が固まってしまうことです。
ようは肌力が低下したことで角質を剥がす働きが低下をしてしまい、皮膚に付着したままとなっているのが原因です。

 

そのため、大事なのは肌ケアをして角質を剥がす働きを正常にし、なおかつ保湿などで皮膚を柔らかくしてイボを取れやすい状態にすることです。

 

しかし、オロナインは殺菌などの効果はあるものの、保湿などの効能がある訳ではありません。
皮膚の病気だからといって顔イボはオロナインを使っても効き目は全くないのですね。

 

正しい顔イボの薬はヨクイニン配合!薬局やドラッグストアで販売している

顔イボ用のヨクイニン配合の市販の薬

 

顔イボ用の薬として用いられるのはヨクイニンが配合されたものです。
ヨクイニンとはハトムギより抽出される成分ですが、大抵の老人性イボ用の薬に含まれています。

 

顔イボ用の薬として薬局やドラッグストアでも販売がされていますし、ケアする為のクリームなども通販などで売られています。
オロナインを使うのではなく、きちんとその用途にあわせて作られた薬を使うようにしましょう。

 

人気の市販薬や自宅で顔のイボを治療する方法について解説している記事は下記になります。
オロナインで自分で治療しようと思っていた人はご覧ください。

 

ヨクイニンの錠剤は副作用もある!心配な人はクリームなどでケア

 

顔イボの薬としてはヨクイニンエキスが含まれた錠剤となっています。
有名なのではいくつかあります。

 

  1. イボコロリ内服錠
  2. ヨクイニンタブレット
  3. ヨクイニン錠
  4. ヨクイニンエキス散コタロー

 

ただ、どれも公式サイトや説明書を見れば分かりますが、副作用の報告がされている市販の薬でもあります。
そのため、副作用が心配って人はヨクイニンエキスが含まれたクリームを使ってケアをしていくのもおすすめです。

 

詳しくは『【特集】顔のイボを薬やクリームで自分で取る-初めての顔イボの取り方』で解説をしているのでご覧ください。

トップへ戻る